イルミネーションの人気スポット
【九州/福岡県】道の駅おおとう桜街道の周辺ホテル

スポンサーリンク
[tgb config=”time:0440|0445″] 【イルミネーション情報】
●点灯場所:道の駅 おおとう桜街道
●点灯期間:2018/11/23(金)~2019/1/31(木)
●点灯時間
・17:30~22:30

【電飾数】
・約60万球

【住所】
福岡県田川郡大任町大字今任原1339

大任町の冬の風物詩。毎年メインテーマを変え、趣向を凝らした色鮮やかなイルミネーションを行う。2018年のテーマは“未来への旅立ち”。敷地内をいくつかのエリアに分け、メインのイルミ会場には平成を代表する歌姫をモチーフにしたイルミや、温泉に続くスロープには水族館や子供の国をイメージしたイルミなど、それぞれのエリアをイメージした飾り付けを行うので、多彩なテーマのイルミを楽しむことができる。


スポンサーリンク
[/tgb]

「福岡県 イルミネーション」
にて検索表示

 
[tgb config="time:1815|0845"]

福岡県 道の駅 おおとう桜街道のイルミネーションについて



道の駅おおとう桜街道は、主要地方道八女香春線と福岡県を南北に縦断する国道322号が交差する下今任南交差点近くに位置し、周辺道路は冬季の路面凍結区間や、異常気象における通行規制箇所があることから、道路利用者へ情報提供を行う場所として適しています。当駅は、毎日届く新鮮な農産物、海産物のほか、農産物加工品等が並んだ直売所と、癒しを追求した優美トイレや食事処を兼ね備える物産施設、天然温泉を利用した内湯・露天風呂・薬石浴などの温泉施設、更には、親子のふれ合いを重視した広場や電動遊具を備えた遊園施設など3つの施設で構成されています。 また、当駅に隣接して南北約6㎞の町道に植栽された桜・紅葉・芝桜の並木道や、彦山川河川公園があり、子供からお年寄りまで1日中楽しめるようになっています。
「道の駅おおとう桜街道」は、イベント・おでかけ情報サイト「ウォーカープラス」のイルミネーション人気ランキングで、九州ナンバーワンに選ばれた注目のスポットです。電飾数も約60万球と九州屈指の規模を誇ります。
メインイルミの周辺では、若い女性やカップルをはじめ、多くの人々がスマホを持って写真撮影しています。定番は、メインのイルミネーションを正面から撮るアングル。しかし斜めからの方向はメインイルミの全景が画面に入りやすく、こちらもおすすめです。様々なアングルで写真撮影をチャレンジしてみましょう!
道の駅入り口には野菜の詰め放題やフルーツなどありました。中にも新鮮で安い野菜やフルーツなどたくさんあります。この道の駅でたべてみたかったのが、炭を練りこんだ真っ黒のソフトクリーム。かなりの黒さで一瞬びっくりしますが、味はチョコで美味しかったです。外には遊具などもあり家族づれで楽しまれてました。
福岡県田川郡大任町にある、道の駅 おおとう桜街道 さくら館です。旅の途中に寄りましたが、新鮮な野菜がたくさんありましたので、買ってしまいました。美味しかったです。
冬季にはイルミネーションがとてもきれいで、これを見に行くだけでも価値があろうかと思います。また、有名な1億円のトイレも気持ちよく利用できますので、道の駅としても利用価値は高いです。
一億円のトイレを見たくて(利用したくて)行きました。陶器のボウルなどお金使ってるって感じです。温泉もあり、買い物で立ち寄るだけでなくゆっくり滞在できる道の駅だと思います。けれどフードコートがあまり人もいなくて食べたい魅力的なものがない感じでした。道の駅によくあるビュッフェ方式の食事処がないのでちょっと物足りない気がします。
1億円の工事費をかけたというトイレで有名な道の駅おおとう桜街道に行きました。19時頃に行ったのですが、残念ながら1億円のトイレとトイレの前にあるグランドピアノはシャッターがおろされていました。物産展も閉まっていたので、食事処は20時までと入口にもパンフレットにも書いていたので食事をしようとフードコートに行くと、不思議なことにお客さんが全くいませんでした。いくつかのお店は既に電気が消えてしまっていて、明かりのついているお店で食べようと思ったらどの店も片づけをしていて閉店とのことでした。結局何も食べれずに帰りました。20時までと案内しているのだからその時間まで営業するのが普通だと思うのですが。
[/tgb]