ナンプレをアプリで挑戦

スポンサーリンク
[tgb config=”time:0440|0445″] ナンプレには初心者から上級者までの各レベルに応じたアプリがあります。

リラックスしたい時や頭を働かせたい時、空いている時間を楽しく過ごせます。

ナンプレパズルで、休憩時にちょっとした頭の中を回転させることでの刺激で頭をすっきりさせたりもできます。スマホアプリなので当然のことですが、どこへでも持っていけるので楽しむのに場所は問いません。なんと言っても、紙や筆記用具がいらないから手軽です。

難易度も好きなレベルを選択できます。ちょっとした頭の体操では初級レベルにて、頭をフル回転させて脳みそに汗をかきたい場合は難問レベルにチャレンジ!!

アプリなので、ヒント、自動的にミスを確認、重複している数字をハイライトする、といったナンプレをやりやすくする補助機能があります。もちろん、こういう機能を使わずに自力で解答というのも達成感が倍増です。

気軽にナンプレを楽しむにはナンプレアプリは必須アイテムです。

スポンサーリンク
[/tgb]

「ナンプレ アプリ」にて検索表示

[tgb config=”time:0440|0445″]
[/tgb]
[012]いちごナンプレ 難易度1000 2全100問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
いちごナンプレ 難易度1000の第二弾。 「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています。 1・・・
100 円
[026]マジックナンプレ 初級150問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
2種類の問題、同じ問題のはずなのに… 「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています。 1 「・・・
100 円
[011]いちごナンプレ 難易度1000全100問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
いちごナンプレ、通常の超難問として楽しめます。 「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています・・・
100 円
[030]マジックナンプレ 超難問150問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
2種類の問題、同じ問題のはずなのに… 「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています。 1 「・・・
100 円
[027]マジックナンプレ 中級150問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
2種類の問題、同じ問題のはずなのに… 「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています。 1 「・・・
100 円
[010]いちごナンプレ 「200問」全200問【電子書籍】[ いちごナンプレ研究所 ]・・・
「いちごナンプレ」 ○ 「縦・横」は、3つの数字が足して「15」になります。 ○ 斜めは、 123は、一気通貫(一通)になっています。 1 「1・2・3」 2 「4・5・6」 3 ・・・
100 円
[tgb config="time:1815|0845"]

「数独」という呼称は「数字は独身に限る(すうじはどくしんにかぎる)」の略語で、日本国内においては日本のパズル制作会社ニコリの発行するパズル雑誌『パズル通信ニコリ』をはじめとした、同社の関与する媒体で使用される名称。同社によって商標登録[2]がされており、日本国内においては同社が制作に関与していないものについては「ナンプレ(ナンバープレース)」等の表記が使われている。2008年、高等学校英語の教科書に取り上げられた数独に関する文章について、教科書検定の結果「特定の商品の宣伝になる恐れがある」との理由で表記を『Sudoku』から『puzzle』などに修正を求められたと報じられた。
一方、日本国外では同社による商標登録が行われておらず、同社が制作に関与していないものについても「sudoku」の呼称が用いられている場合がある。また、従前からの名称である「number place」「figure place」の呼称も引き続き用いられている。

頭の体操になります。
あと、じっと我慢して問題をといていると忍耐力もつきます。
足し算や引き算など、簡単な計算を繰り返しやると、脳は活性化するという話を聞いたことがありますか?(反復練習というやつ)
それと同じ効果じゃないかな。
計算が速くなったり、頭の回転が速くなったりする……かも。です。
論理的思考も身につくのかもしれないけど、そこは分からないです。

ナンプレが登場したばかりの頃はよくやっていましたが、
足を洗ってかなり経ちます。
(すでに「経験者」とは言えないレベルに成り下がっています。)
家族が最近、かつてのわたし以上に熱中していますが、あの頃には想像もつかなかったような発展ぶりに驚いています。
さて、いずれも新種のパズルのようで、なかなかこれというものが見あたらなかったのですが、以下のようなものがありました。
もし、すでにご覧になっていたら、または、これらいずれかのサイトの関係者の方でしたら、ごめんなさい。

最初からやり直した方がスッキリするのではないでしょうか?
解く順番をいちいち覚えているのならそこから遡って間違い箇所を見つけることは出来ると思いますが、大抵はそんなことはないと思うので、一から
やり直すのが解くための早道だと思います。
あるいは、別にナンプレを解く事が義務というわけではないので
その問題をやめてしまうとか。。いくらでも問題は有りますからね。
パズルは解く事を楽しむものなので、解き直すのが嫌ならあれこれ悩んむよりやめてしまう方が賢明だと思いますよ。

自分が知ってるナンプレ雑誌ですと、難問ナンプレが多く収録されている
「超難問ナンプレ&頭脳全開数理パズル」(学研出版)があります。
様々な形の合体ナンプレ、25×25、28×28(まだ一度も解けたことがない)等の大きなサイズのナンプレが多いです。
数理パズルなので、ループコース(スリザーリンク?)や足し算クロス(カックロ)などもあります。
隔月発売ですが、ボリュームがすごいです(サイズが大きいし難しいので・・・プレゼント問題を全問解いたという猛者もいるらしいですが)

自分も時々ナンプレやります。シャープペンを使用しています。お二人のやっているものほど難しくないのかもしれませんが、あまりメモは取りません。間違えて書いてしまったときは消しゴムを使いますが、さほど困ったことはありません。今度まねしてフリクションでやってみますね。
入る数字が見つからずに長考することはあるので、いちおう頭を使っているような気もしますが、賢くなるような使い方ではないと思います。新しい知識の習得がありません。
ナンプレ中級くらいの20代です。その呼び方は、初めて聞きました。しかし技の呼び方は、いろいろあります。上級(例えばレベル5~8段階のうちレベル4くらい)と言っても初心者でも少し慣れてきたら簡単にできるものもあります。あるナンプレの本の上級は、子供にもオススメしたいくらい易しいレベルでした。逆に極めて難しい場合もあります。僕の実力では、厳しい問題も多いです。中級~上級のナンプレのテクニックを紹介します。
中級(簡単~標準)2マスの予約、3マスの予約、4マスの予約(予約は、定員確定とも呼ぶらしいです。予約は、列に応用したり、わかりにくい場合もよくあります。

中級問題以降は全てのマスに全ての候補数字をメモしないと候補数字を排除する手筋が見つかりません。全てのマスに全ての候補数字をメモすると左から2列目の縦列と上から6番目の横列で2が2か所に限定されることが分かりなおかつ、それぞれの1か所が左中ブロック内にあります。

このようにある候補数字が2か所に限定される縦列と横行があってそれぞれの1か所が同じブロック内にある状態を2-String kite と言います。この状態になっていると同じブロック内にない方のどちらかのマス(あるいは両方)が必ずその数字になるため同じブロック内にない2つのマスの交点のマスからその候補数字を排除できます。

入りうる数字を各マスにすべてメモしていきます。
最後まで1つしか入る可能性がない数字があればその数字で確定します。
それを繰り返すことによって、すべて埋まります。
ただし、入りうる数字をピックアップミスするとめちゃくちゃになるので注意。
[/tgb]